名言多すぎ!人気アニメ『ヒロアカ』の心に染みる鳥肌名シーンまとめ

名言多すぎ!人気アニメ『ヒロアカ』の心に染みる鳥肌名シーンまとめ アニメ

数々の名言が飛び出すアニメでの名言の数々、皆さんはどんなアニメの名言が印象に残っているでしょうか。中にはアニメの名言で人生が大きく変わったという人も実際に多数存在しており、それだけアニメにはエネルギーが込められています。今回は注目のアニメヒロアカの名言についてまとめてみました。

名言が多すぎる!ヒロアカ名言まとめ

なんとなく「頑張ろう」と思えてくる名言の数々、ここからはヒロアカシリーズで印象に強く残る名言をご紹介していきます。

「君はヒーローになれる」

無個性でもヒーローになることを諦めきれなかった緑谷が一番の憧れだったヒーローオールマイトからもらった言葉、夢は叶うといってもらえたような印象のこの一言は多くのファンに感動を与えたのではないでしょうか。

「勝ったにせよ負けたにせよ、振り返ってこそ経験ってのは活きるんだ」

緑谷に負け、初めての挫折を経験した爆豪にオールマイトがいった言葉、私たちの人生において誰もが経験することですが、それを糧に次に生かすことの大切さを伝えた言葉でした。

「元気とユーモアのない社会に明るい未来はやって来ない」

ナイトアイが最後に緑谷とミリオに残した言葉。現代日本にも訴えるような言葉は多くのファンの心にも刺さり共感できたのではないでしょうか。

「誰もが他人の人生の脇役であり、自分の人生の主役なんだ」

A組対B組の対抗戦で登場した物間が仲間たちに言ったセリフで、自分に置き換えてこの意味を飲み込んだ人も多いのではないでしょうか。流れるようなシーンでのセリフですが意味のあるセリフでした。

「僕はまだ!スタートラインに立つ権利を与えられただけだ!」

個性を譲渡してもらい肉体作りを終えた緑谷、自身で今がスタートラインだと理解している謙虚さは何かに挑戦する上で間違いなく大切な思いといえます。

「だからって何もしやんのはちゃうやろ!?未来なんて何かせなかわらんやろ!」

絶望した未来しか見えなくても何かしなくては何も変わらないというお茶子のセリフ。私たちの生活の中でも言えるこのセリフは日々の生活で絶望した時に助けてくれるような一言です。

「余計なお世話は、ヒーローの本質なんだって」

元々はオールマイトが緑谷にいったセリフ、ステインへの復讐で飯田を助ける時、緑谷を突き放そうとする飯田にいった一言。そして「余計なお世話はヒーローの本質」という言葉はUAを去った緑谷を連れ戻そうとする飯田のセリフへ引き継がれ返されます。

「君の!力じゃないか!」

父(エンデバー)の個性を激しく拒絶していた轟、母の個性氷結のみで戦おうとする轟を解き放ったセリフ、どんな秀でた才能があったとしてもそれは自身の力だという心に響く一言でした。自分は自分と思わせてくれるいい名言です。

「ヒーローがマントを羽織るのは!!痛くて辛くて苦しんでる女の子を包んであげる為だ!」

コスチュームにマントを起用していることでも印象的なミリオがいったセリフ、カッコつけでなく意味を持ってマントを起用していたことに感動できるセリフでした。恐怖で怯える壊里ちゃんを包むシーンはたまりません。

まとめ

今回はヒロアカの名言をご紹介しました。全部紹介しようと思ったらとんでもない量になってしまうので今回はこの辺までにしておきます。数々の名言が飛び交うアニメ「ヒーローアカデミア」感動のシーンも多数存在しておりおすすめのアニメとなっています。間違いない名作なので、観たことない方は是非一度ご覧になってください。